• 院内の動画を見る
  • 林歯科医院instagram
  • ブティックinstagram
  • facebook

0166-57-6655

  • 予約する
  • お問合せ

0166-57-6655

  • 院内の動画を見る
  • 林歯科医院instagram
  • ブティックinstagram
  • facebook
ホワイトプラス
  1. ホーム
  2. ホワイトプラス
  3. ホワイトニングについて

ホワイトニングについてwhite-price

ホワイトプラス

歯はどうして変色する?

歯はもともとわずかに黄色みをおびた色をしています。肌の白さが人によって異なるように、歯の色にも黄色みや赤みがあり個人差があります。ステインやタバコのヤニなどの歯の表面についた汚れによる変色は、それらの付着物を取り除くことで本来の白さを取り戻すことができます。しかし、歯自体が変色した場合はハミガキやクリーニングでは白くすることができません。

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、ホワイトニング薬剤の効果により、歯を本来以上の白さに変化させることです。プラスチックやセラミックなどの人工材料で変色を隠すのではなく、ご自身の歯自体が白くなるため、自然な口元の印象を得やすいのが特徴です。

ホワイトニングのメリットとデメリット

ホワイトニング全般のメリットとしては、歯の色が白くなることで清潔感が増し、自信をもった口元や笑顔を手に入れられることではないでしょうか。

デメリットとしては、知覚過敏の症状を感じる場合があるという点が主だと思いますが、ホワイトニングによる知覚過敏は一過性のものが大半で、時間経過とともに消失することが一般的です。

ホワイトニングQ&A

クリーニングとホワイトニングはどう違いますか?

クリーニングはステイン・歯垢・歯石などの歯の表面の着色を取り除くことで、歯の本来の色を取り戻しますが、歯そのものの色調は変わりません。ただ、クリーニングで表面の着色がなくなるだけでも、十分白くなったと感じることも多く、多くの方におすすめです。

ホワイトニングは薬剤の作用により、歯の色のもととなっている分子を無色の分子に変化させることで、歯自体を本来の色より白く変化させます。クリーニングだけでは得られた白さが十分ではない方は、ホワイトニングの適応といえます。

 

自宅でできる市販ホワイトニング商品ってどうなの?

ドラッグストアなどで市販されているホワイトニング商品は以下のようなものがあります。

歯磨き粉(強い研磨剤で歯の表面を磨くことで汚れを落とすものです。値段が安く、手に入れやすいのが最大のメリットです。ただ、その効果は歯の表面についた汚れを落とす程度のもので、歯自体が白くなることはありません)

消しゴム(強い研磨剤で歯の表面をこすることで汚れを落とすものです。こちらも値段が安く、手軽に始めることができますが、歯磨き粉と同じでその効果は、歯の表面についた汚れを落とす程度のもので、歯自体が白くなることはありません)

歯のマニキュア(歯の表面に白い塗料を塗ることで、歯を白くみせます。塗った直後に白くみえるので即効性がメリットといえますが、市販のマニキュアは歯磨きで塗料が取れてしまうため効果は持続しません)

これらの商品は歯の表面についた汚れを落とす、いわゆるクリーニング効果や、歯の色を隠すマスキング効果のみで、歯の色自体が白く変化(ホワイトニング)することはありません。また、強い研磨剤を使用すると歯の表面が傷つくため、その傷に汚れが入り込みやすくなり、かえって色が悪化することもあるため、使用にあたっては十分注意が必要です。

 

ホワイトニングの種類について知りたい! オフィスホワイトニング・ホームホワイトニングの違いは?

オフィスホワイトニングは、クリニックにてホワイトニングコーディネーター有資格者が施術を行います。1回の施術でしっかり白くなるのが特徴で、短時間で歯を白くしたい方におすすめです。

ホームホワイトニングは、ご自宅にてご自身で専用トレーを用いてホワイトニングを行って頂く方法です。回数を重ねることで、徐々に歯が白くなるため、もどりが生じにくく、歯の白さが持続しやすいのが特徴です。

また、オフィスとホームを並行して行うデュアルホワイトニングという施術方法もあり、オフィスとホームの利点を最大限引き出すことで、短期間でしっかり白くなり、歯の白さも持続しやすいのが特徴です。

オフィスホワイトニング

メリット
デメリット
短時間でしっかりとした効果が見込める
ご自身でホワイトニングを行う煩わしさがない
ホワイトニング直前のクリーニングや、ホワイトニング後の研磨が可能で、これを行うことでホワイトニング効果が向上します
歯の状態にあわせた部分的な部位のホワイトニングが可能
知覚過敏の発生等に迅速な対応が可能
歯並びが悪くてもホワイトニングに対応が可能
歯科医師や歯科衛生士が付き添って施術を行うため安心です
施術のために来院が必要
ホワイトニングのライトが十分に当たる前歯・小臼歯の外側がメインの対象になる
ホームよりは白さが安定しにくい

ホームホワイトニング

メリット
デメリット
少しずつ白くなるため、自然な白さを得やすい
歯の白さが持続し安定しやすい
ご本人の生活リズムに合わせたホワイトニングが可能
歯科医院での処置時間(滞在時間)が短くて済む
ホワイトニング期間を延長することで広い適応の可能性がある
歯肉などの軟組織への影響が少ない
 
ホワイトニングの効果がゆっくりと現れるため、ある程度期間が必要
型取りを行い、ホワイトニングトレーを準備する必要がある(ユニバーサルトレーを使用するオパールエッセンスGOは型取り不要です)
でこぼこの強い歯並び等の場合には、トレー作成が困難な場合がある
部分的なホワイトニングが困難
歯科医師や歯科衛生士が付き添って施術を行うことができない

どうして歯が白くなるんですか?

歯に含まれている着色物は、二重結合という分子構造を保有しています。ホワイトニングに用いる過酸化水素の作用により、この二重結合が分解され、無色の分子となることで歯が白くみえるようになります。一方で、コーヒーや紅茶などに含まれるタンニンは二重結合をもつため、これらの飲食物を頻回に摂取すると歯を黄ばませてしまいます。

 

何回くらいで白くなりますか?

オフィスホワイトニングの場合は、多くの方が1回目から「白くなった」と感じています。ただ、大半の方は「歯をしっかりと白くしたい」という気持ちをもってホワイトニングを開始されているので、平均して3回程度は施術を受けているように思います。ホームホワイトニングの場合は、1日2時間を2週間行うことが日本審美歯科学会が定めた基準ですが、間隔をあけて使用する場合には期間が延びます。

 

年齢によってホワイトニングの効果はちがいますか?

ホワイトニングは、ホワイトニングの薬剤と歯が反応することで歯が白くなります。そのため、薬剤が歯に十分浸透することが白さを得るために大切です。この観点から考えると、若年者の方が歯質の石灰化が低いため、薬剤が歯に浸透しやすく、ホワイトニング効果を得られやすいといえます。ただ、歯の状態は人によって千差万別ですので、一概に年齢が高いことがホワイトニングの障壁になるとはいえません。

 

ホワイトスポットとはなんですか?

ホワイトニングを行った際、もともとの歯の石灰化が弱い箇所がより白く見えてしまう状態です。通常、歯の水分含有量の違いによって周囲との見え方が異なっているだけなので、数週間程度で全体の色が均一化し、落ち着いてくることが多いです。

 

ホワイトニング中に知覚過敏が生じた場合は?

ホワイトニングに伴う知覚過敏は、時間経過とともに消失することがほとんどです。そのため、ホームホワイトニングでしみる症状が出た場合は使用を一時中断すると症状が改善します。まれに、ホームホワイトニングトレー内に古い薬剤が残っていたことが原因でしみやすくなることもありますので、古い薬剤は確実に除去してから次の薬剤を塗布してください。 また、ウルトライーズ(知覚過敏の抑制剤)を併用することでホワイトニング中の知覚過敏の予防ができます。

 

ホワイトニングの効果はどれくらい持続しますか?

人によって歯の白さの感じ方が違うため、一概にはいえませんが、一般的にはコーヒーやカレーなどの着色しやすい食事を避けて頂くことで年単位で満足度が続くことが多いです。しかし、個人差はありますが歯にステインがついたり、色の後戻りが生じたりしますので、定期的なクリーニングや、ホワイトニング効果が薄れてきたときはタッチアップ(追加のホワイトニング)が必要といえます。

 

色が後戻りしたときはどうしたらいい?

後戻りの原因としては、紅茶、コーヒー、ワインなどの着色物が付着することがあげられます。特に酸性の飲食物は戻りが生じやすい傾向にあるといえます。ただ、人によって程度は違いますが、ホワイトニングを行う前の色調にまで戻ることはほとんどなく、定期的なクリーニングを行うことでステイン定着を予防したり、必要に応じてタッチアップ(追加のホワイトニング)を行うことで改善がみられます。タッチアップはホームホワイトニングを2~3日行ったり、オフィスホワイトニングを1回行うことが一般的です。タッチアップには、オパールエッセンスGOが便利です。

ホワイトニングの流れ

1.無料カウンセリング

日本歯科審美学会のホワイトニングコーディネーター有資格者が、患者様ごとに歯の色調・最適なホワイトニング方法・予想される施術回数などをアドバイス致します。その方によって変色の原因や最適な方法は異なり、場合によっては、歯の表面に付着しているステインを除去するだけでも色調の改善が見込める場合もございます。

2.歯のクリーニング(ステイン除去・歯石除去・プラーク除去)

歯の表面にステイン等の汚れが付着したままでは、ホワイトニング薬剤が十分歯に浸透しないため、歯科専用機材を用いてこれらの汚れをしっかりと除去致します。ステイン等の汚れを除去するだけでも口元の印象が大きく改善されることもあります。

3.ホワイトニング施術

オフィスホワイトニングを行う場合は、クリニックで施術を行います。1回の施術でしっかり白くなるのが特徴で、短時間で歯を白くしたい方におすすめです。

 

ホームホワイトニングを行う場合は、専用トレーを作製するために型取りを行い、専用トレー完成後にご自宅にてご自身でホワイトニングを行って頂きます。回数を重ねることで、徐々に歯が白くなるため、もどりが生じにくく、歯の白さが持続しやすいのが特徴です。また、型取りの必要がない、既成のトレーを用いたホームホワイトニングにも対応しておりますので、「型取りが苦手だけどホームホワイトニングをやりたい」そういった方も是非ご相談ください。

 

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行して行うことで、両者の利点を最大限引き出して、短期間でしっかり白くなり、歯の白さも持続しやすいのが特徴です.

 

オフィス ホワイトニング

クリニックにてホワイトニングコーディネーター有資格者が施術を行います。1回の施術でしっかり白くなるのが特徴で、短時間で歯を白くしたい方におすすめです。施術時間は1回あたり2時間程度です。

  費用

オフィスホワイトニング

 ¥30,000 (¥33,000)

 

ホームホワイトニング

ご自宅にてご自身で専用トレーを用いてホワイトニングを行って頂く方法です。回数を重ねることで、徐々に歯が白くなるため、もどりが生じにくく、歯の白さが持続しやすいのが特徴です。

  費用

オパールエッセンスGO

1回分   ¥2,000 (¥2,200)
 

10回分 セット  (ウルトライーズ1回分付き)

¥18,000 (¥19,800)

オパールエッセンス

カスタムトレー

上下 (ジェル8本)¥20,000 (¥22,000)
上か下のみ(ジェル4本) ¥10,000 (¥11,000)
追加ジェル(2本入1ケース)¥2,250 (¥2,475)

カスタムトレー作り替え(片顎)¥5,000 (¥5,500)

※他院でホームホワイトニングをされていた場合

ホームホワイトニングジェルのみの購入は出来ません。

知覚過敏抑制剤

(ウルトライーズ)

1回分   ¥1,500 (¥1,650)
  4回分 セット  ¥6,000 (¥6,600)

ウォーキングブリーチ (失活歯ホワイトニング)

神経を取る処置が施されている歯(失活歯)を白くするためのホワイトニングです。神経を取ったことで変色してしまった歯が適応となります

  費用

ウォーキングブリーチ

1回(1歯につき) ¥5,000 (¥5,500)

デュアル ホワイトニング

オフィスとホームを並行して行うことで、両者の利点を最大限に引き出し、短期間でしっかり白くなり、歯の白さも持続しやすいのが特徴です

 

 
 

イラスト引用元: 株式会社PLANET (http://dentalx.jp/)

  1. ホワイトプラス
  2. ホワイトニングについて